« レッドブル、フェルスタッペンの電撃昇格を発表 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)のトラブルは些細な問題 »

2016/05/06

C.ホーナー代表(レッドブル)、「降格じゃない」

Christian Horner (C)RedBull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、今回の電撃移籍発表について、「伝えられているような降格とかの問題ではない」と、その背景について説明した。

「まずわれわれは二つのF1チーム、4人のレースドライバーを擁しているというユニークな立場であることを理解して欲しい。
今回の移籍は二つのチーム全体を見渡した上で行われたもので、われわれならではの事例だ。
17歳という若さでF1デビューを果たしたフェルスタッペンは着実に成長を続けていて、レッドブル・レーシングに移ることによりさらにこれを促進させたい。
またクビアトはいま難しい状況にあるが、かつて在籍し内部もよく分かっているトロ・ロッソに戻ることにより、調子を取り戻して再びそのポテンシャルを発揮できる筈。
これは決して単純な降格とかいう類のものではないんだ」

とはいえ、今回の決定をホーナー代表が必ずしも歓迎しているとは言えないようだ。
同チームでは絶対権力を持つディートリッヒ・マテシス/オーナーだけでなく、レーシング・アドバイザーという他チームでは理解しにくい立場のヘルムート・マルコ博士も一定の権力を持っていて、内部の統率が必ずしも取れていない面も窺われる。

|

« レッドブル、フェルスタッペンの電撃昇格を発表 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)のトラブルは些細な問題 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63587770

この記事へのトラックバック一覧です: C.ホーナー代表(レッドブル)、「降格じゃない」:

« レッドブル、フェルスタッペンの電撃昇格を発表 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)のトラブルは些細な問題 »