« マッサ(ウィリアムズ)、「空力改善が緊急課題」 | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、「移籍も視野のうち」 »

2016/05/21

ルノー、新バージョン・エンジン供給は1基ずつ

Renault V6 Turbo Engine (C)Renault Sport
拡大します
次週モナコGPにも今季初となるバージョンアップした新エンジンの投入が計画されるルノーだが、供給できるのはルノー、レッドブル・レーシングに向けそれぞれ1基ずつに留まる見込みということだ。

これはドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』が報じたもの。
それによればルノーでは当初カナダGPからの投入を計画していたものを前倒ししてモナコGPからにする方針ということだが、十分な数のスペアパーツが用意できないためそれぞれ1基ずつの供給になるというもの。

ルノー・チームの場合は「自前ドライバー」であるケビン・マグヌッセンになるとみられるが、二人のドライバーが拮抗しているレッドブル・レーシングの場合は経験豊富なダニエル・リカルドのほうに搭載されると目されている。

ただモナコGPのコースはそれほどエンジン・パワーの影響がないとされるコース。
またカナダはリカルドにとって記念すべきF1初優勝の地でもある。

|

« マッサ(ウィリアムズ)、「空力改善が緊急課題」 | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、「移籍も視野のうち」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63661015

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー、新バージョン・エンジン供給は1基ずつ:

« マッサ(ウィリアムズ)、「空力改善が緊急課題」 | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、「移籍も視野のうち」 »