« 2017年F1新ルール、実はほとんどのチームが反対の意向 | トップページ | バトン(マクラーレン)も2基目のエンジン投入へ »

2016/04/13

イモラ、再びグランプリ開催を模索

Imola Circuit (C)Ex.Jordan Grand Prix
拡大します
長くサンマリノGPの開催地として親しまれたイタリアのイモラ・サーキットが、再びF1グランプリを開催すべく動き出していることがわかった。
それによれば先に行われたバーレーンGPの際、同プロジェクトの責任者であるセルバティコ・エステンス氏がパドックを訪れ、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)の代表であるバーニー・エクレストン氏とこの件で話し合いをしたというもの。

1980年にイタリアGPの開催地としてスタートしたイモラは、翌年から名義上サンマリノGPの開催地として定着、2006年まで連続開催を続けていた。
その後もサーキットは改修が施され、FIA(国際自動車連盟)からF1開催に必要な『グレード1』の認定を受けているという。

現在イタリアGPの開催地であるモンツァ・サーキットはその動向が不明確になっていて、その後釜に急浮上ということもあるかも知れない。

|

« 2017年F1新ルール、実はほとんどのチームが反対の意向 | トップページ | バトン(マクラーレン)も2基目のエンジン投入へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63478505

この記事へのトラックバック一覧です: イモラ、再びグランプリ開催を模索:

« 2017年F1新ルール、実はほとんどのチームが反対の意向 | トップページ | バトン(マクラーレン)も2基目のエンジン投入へ »