« ハースF1、「NASCARの経験がF1でも活きた」 | トップページ | 2017年F1新ルール、実はほとんどのチームが反対の意向 »

2016/04/12

旧予選方式への復帰が正式決定

FIA
先にイギリスの『スカイスポーツ』らが報じた通り、混迷した予選方式について今週の中国GPから元のノックアウト方式に戻して行われることが正式に決まった。

これはWMSC(世界モータースポーツ評議会)が行った電子投票の結果結論が出たもので、FIA(国際自動車連盟)から「第3戦中国GPからの正式導入する」と、発表されたもの。

ただ昨季の全20台から今シーズンは全22台に増えているので、18分間のQ1では最下位タイムから6台(昨季は5台)、15分間のQ2でも同じく6台(同5台)が脱落、12分間で行われるQ3は昨年同様残った10台で上位10位までのスターティンググリッドが決められることになる。

|

« ハースF1、「NASCARの経験がF1でも活きた」 | トップページ | 2017年F1新ルール、実はほとんどのチームが反対の意向 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63474497

この記事へのトラックバック一覧です: 旧予選方式への復帰が正式決定:

« ハースF1、「NASCARの経験がF1でも活きた」 | トップページ | 2017年F1新ルール、実はほとんどのチームが反対の意向 »