« 中国GPフリー2回目、ライコネン(フェラーリ)が最速 | トップページ | 長谷川祐介氏(ホンダ)、「ロングランで不安定」 »

2016/04/15

ウィリアムズのタイヤバースト、ホイールに原因か

Williams Mercedes FW38 (C)Williams F1
拡大します
15日(金)午前行われた中国GPのフリー走行1回目では、マッサ(ウィリアムズ)、そしてマグヌッセン(ルノー)と同じ左リヤタイヤのバーストが相次いで関係者を心配させた。

これについてFIA(国際自動車連盟)は続くフリー走行2回目までのわずかな時間にその原因究明を敢行、その理由がマッサのほうはボディワークとの接触もしくはホイールのリム、またマグヌッセンのほうはコース上のデブリ(破片)を踏んだため、と説明した。

いずれにせよ、タイヤ本体の問題でないことでは一致しているが、ウィリアムズの場合サスペンションのトラブルであればチーム自身、またホイールのリムであれば供給メーカーの責任ということになる。
同チームでは2015年の『FW37』よりそれまでの『レイズ』から現在の『APテック』(Advanced Pressure Technology:アメリカ)製のものに変更されている。

|

« 中国GPフリー2回目、ライコネン(フェラーリ)が最速 | トップページ | 長谷川祐介氏(ホンダ)、「ロングランで不安定」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63490543

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズのタイヤバースト、ホイールに原因か:

« 中国GPフリー2回目、ライコネン(フェラーリ)が最速 | トップページ | 長谷川祐介氏(ホンダ)、「ロングランで不安定」 »