« クレア・ウィリアムズ、不公平なF1分配金に苦言呈す | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、条件付きで出走許可 »

2016/04/14

ルノー・スポール、イルモアとの関係長期継続の姿勢

Bob Bell (C)Renault F1 Team
拡大します
今シーズン、再びワークス参戦となるルノー・チーム、そしてレッドブル・レーシングにF1エンジン供給するルノー・スポールでチーフ・テクニカル・オフィサーを務めるボブ・ベル氏が、テクニカル・パートナーシップを組むイルモア・エンジニアリングについて言及した。

これはアメリカのスポーツ専用チャンネル『ESPN』に語ったもので、その中でこのイギリス人は、「イルモアが持つ経験と技術力、そして試験設備は間違いなくルノーのパワーユニットの進化に貢献している。
この2年間の戦いについてわれわれは彼らと密接な関係の元に分析し、そして改善策を施して来た。
問題は純粋に技術的なものと、そして組織的なものとがあったと理解されている。
そしてそのいずれもについて、われわれは迅速に解決策を見出しつつある」と、自信をみせた。

ルノー本家こそまだ今季無得点だが、同じパワーユニットを搭載するレッドブル・レーシングはメルセデス、フェラーリに次ぐランキング3位とここまで健闘している。

|

« クレア・ウィリアムズ、不公平なF1分配金に苦言呈す | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、条件付きで出走許可 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63484128

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・スポール、イルモアとの関係長期継続の姿勢:

« クレア・ウィリアムズ、不公平なF1分配金に苦言呈す | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、条件付きで出走許可 »