« ベッテル(フェラーリ)、クビアトへの怒り収まらず | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「まだシーズン始まったばかり」 »

2016/04/18

長谷川祐介氏(ホンダ)、「まだ実力はこの程度」

McLaren Duo (C)McLaren Group
拡大します
スターティンググリッドは11-12番目。
今回こそレギュラードライバーによるポイント獲得が期待されたマクラーレン・ホンダ・チームだったが、結局アロンソ12位、バトンは13位、この中国GPでも初入賞はならなかった。

レースを終えたホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏は、次のように現在の戦力について語った。

「今回こそW入賞を期待していたので、このレース結果はとても残念なものだ。
しかし悔しいけれどこれが現在のわれわれの能力。
ポイント獲得にこそ繋がらなかったが、ドライバーだけでなくスタッフ全員が素晴らしい仕事をした。
われわれのパワーユニットも毎レース進化させているので、次回はもっと上の成績を目指したい」

皮肉なことながら、マクラーレン・ホンダの今季唯一のポイントはリザーブドライバーであるストッフェル・ファンドーネがもたらせたもの。
マクラーレン・ホンダが擁する二人の元F1チャンピオンはいまだにノーポイントのままだ。

|

« ベッテル(フェラーリ)、クビアトへの怒り収まらず | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「まだシーズン始まったばかり」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63502255

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川祐介氏(ホンダ)、「まだ実力はこの程度」:

« ベッテル(フェラーリ)、クビアトへの怒り収まらず | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「まだシーズン始まったばかり」 »