« 『バナマ文書』にロズベルグ(メルセデス)の名前 | トップページ | 「完ぺきで落ち着いたパフォーマンス」 (ホンダ) »

2016/04/06

再び分かれる次戦のタイヤ選択

Pitstop Scene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
メルセデスAMGとフェラーリとの間で繰り広げられているバトルだが、これに大きく影響するタイヤ戦略が、次戦の中国GPでも分かれることがわかった。

今シーズン、タイヤに関するレギュレーションが変更され、各グランプリで指定された3種類のコンパウンドの中からそれぞれドライバーが自由に組み合わせを選ぶことができるようになっている。

F1タイヤを独占供給するピレリタイヤによれば、フェラーリはメルセデスよりもスーパーソフトタイヤを1セット多く選択。
またメルセデスの中でもハミルトンのほうがロズベルグよりミディアムタイヤが多くなっているという。

|

« 『バナマ文書』にロズベルグ(メルセデス)の名前 | トップページ | 「完ぺきで落ち着いたパフォーマンス」 (ホンダ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63446812

この記事へのトラックバック一覧です: 再び分かれる次戦のタイヤ選択:

« 『バナマ文書』にロズベルグ(メルセデス)の名前 | トップページ | 「完ぺきで落ち着いたパフォーマンス」 (ホンダ) »