« フェラーリ、ロシアGPでのバージョンアップに傾注 | トップページ | ロシアGPフリー2回目、マクラーレン勢共にトップ10内 »

2016/04/29

ロシアGPフリー1回目、ロズベルグ(メルセデス)最速

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
29日(金)午前、F1第4戦ロシアGPのフリー走行1回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は湿度77%、気温は14度、路面温度は27度と報告されている。

このセッション、フォース・インディア・チームではニコ・ヒュルケンバーグに代わってアルフォンソ・セリス(19歳:メキシコ)、またルノー・チームではケビン・マグヌッセンに代えてセルゲイ・シロトキン(20歳:ロシア)がそれぞれ出走となっている。
また別掲のようにレッドブル・レーシングでは初めて『キャノピー型ハロー』(頭部保護装置)を装着したマシンを用意、ダニエル・リカルドがテストを行った。

90分間のセッションを終え、最速となったのは目下6連勝中と波に乗るロズベルグ(メルセデス)が1'38.127の段トツタイムで記録した。
2番手は0.722秒差でチームメイトのハミルトン。
3-4番手はフェラーリのベッテル&ライコネン、5番手は前半クラッチのトラブルで走れなかったマッサ(ウィリアムズ)。
6番手リカルド(レッドブル)、7番手ボタス(ウィリアムズ)、8番手クビアト(レッドブル)、9番手ペレス(フォース・インディア)、10番手がサインツ(トロ・ロッソ)だった。

マクラーレン・ホンダはバトン11番手、アロンソ12番手。
シロトキン(ルノー)は13番手と健闘、セリス(フォース・インディア)は最後尾の22番手だった。

ロシアGPフリー走行1回目の結果はこちら
ロシアGPの画像はこちら

|

« フェラーリ、ロシアGPでのバージョンアップに傾注 | トップページ | ロシアGPフリー2回目、マクラーレン勢共にトップ10内 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63554717

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアGPフリー1回目、ロズベルグ(メルセデス)最速:

« フェラーリ、ロシアGPでのバージョンアップに傾注 | トップページ | ロシアGPフリー2回目、マクラーレン勢共にトップ10内 »