« 『ジャガー』がシルバーストーンの賃貸交渉 | トップページ | ハースF1、「NASCARの経験がF1でも活きた」 »

2016/04/11

「F1はエンジンの方針に問題」と、エクレストン氏

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
批判の声が絶えない現在のF1について、その一翼を担ったバーニー・エクレストン氏も「エンジン方針を誤った」と、現状に問題があることを認めていることがわかった。

それによればあまりに高度でまた高価になったF1のパワーユニットでは、マニュファクチャラー間の差が拡大し、スポーツとしての本来の魅力を損なったというもの。
メルセデスAMGはあまりに強力で、毎レース予選でフロントロウ独占、決勝で1-2フィニッシュというのでは観客は感動しないと嘆いている。

「他のどこかが追い付いてくれば、彼らはまた投資してさらに先に行こうとするだろう。
勝つために参加しているのだから、それは当然のことだがね。
しかし今の状況はゆっくりと、そして着実にこのスポーツを蝕んでいる」と、断じた。

|

« 『ジャガー』がシルバーストーンの賃貸交渉 | トップページ | ハースF1、「NASCARの経験がF1でも活きた」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63469031

この記事へのトラックバック一覧です: 「F1はエンジンの方針に問題」と、エクレストン氏:

« 『ジャガー』がシルバーストーンの賃貸交渉 | トップページ | ハースF1、「NASCARの経験がF1でも活きた」 »