« エクレストン氏、今度は「土曜予選レース」の大胆案 | トップページ | 『ジャガー』がシルバーストーンの賃貸交渉 »

2016/04/11

ベッテル(フェラーリ)、「F1は方向性を間違っている」

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
近年叫ばれるF1人気の低迷や、今シーズン新たに導入された新予選方式の混迷にフェラーリ・チームのセバスチャン・ベッテルが英『スカイスポーツ』を通じ苦言を呈している。

「いまのF1はその方向性を誤っているんだと思う。
V型6気筒ターボに変更されたパワーユニットはとてつもなく高額な開発費が掛かっていて、巨大メーカーしか手当できなくなっている。
そのためプライベートチームはとても生き残っていけない状況になっているよ。
そんなのはスポーツとして間違っているんじゃないか。
ルールを変えることがこの状況を救う唯一の手段だと思うけれど、そのルールを変更するにもこのF1という世界は独特で困難な事業だしね」と、3回の元F1チャンピオン。

そのベッテルは個人的にはコストを考えて以前の自然吸気エンジンに戻すべきとしている。

|

« エクレストン氏、今度は「土曜予選レース」の大胆案 | トップページ | 『ジャガー』がシルバーストーンの賃貸交渉 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63468786

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル(フェラーリ)、「F1は方向性を間違っている」:

« エクレストン氏、今度は「土曜予選レース」の大胆案 | トップページ | 『ジャガー』がシルバーストーンの賃貸交渉 »