« 3番手タイムのバトン(マクラーレン)、「Q3が見えてきた」 | トップページ | バーレーンGPのスチュワードはD.ワーウィック氏 »

2016/04/02

長谷川祐介(ホンダF1責任者)、「一貫性ある走行できた」

長谷川 祐介 (C)McLaren Group
拡大します
バーレーンGP初日を終え、長谷川祐介/ホンダF1プロジェクト総責任者は「一貫性のある走行ができた」と、フリー走行を振り返った。

「まず最初にわれわれはアロンソが一日も早く回復してくれることを心から願っている。
また今回ファンドーネという若いドライバーを迎え、とても楽しみにしている。
(GP2で)コースには経験があるとはいえ、初めてのグランプリウィークを迎える彼について、全力でサポートしていきたい。

ここではこれまでオーバーヒートに悩まされることが多かったが、今日のバーレーンは事前に予想したよりも気温が低かった。
このため懸念があったエンジンの冷却という面では幸い何も心配が要らなかった。
今日のタイムを較べることに何も意味はないが、明日の公式予選、そして日曜日の決勝レースに向けて一貫性のある走行ができたことは準備をする上でとても良かった」

まだフリー走行、タイム較べに意味がないというのは事実だが、それでもメルセデスAMG勢に次ぐ3番手というのは今のマクラーレン・ホンダにとって実に意味深いものだ。

|

« 3番手タイムのバトン(マクラーレン)、「Q3が見えてきた」 | トップページ | バーレーンGPのスチュワードはD.ワーウィック氏 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63427957

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川祐介(ホンダF1責任者)、「一貫性ある走行できた」:

« 3番手タイムのバトン(マクラーレン)、「Q3が見えてきた」 | トップページ | バーレーンGPのスチュワードはD.ワーウィック氏 »