« ハンガリーGP、2026年までの長期契約が合意に | トップページ | イタリアGP(モンツァ)を巡る正反対の見解 »

2016/04/22

クビアト(レッドブル)、3位表彰台も来季降格必至か

Daniil Kvyat (C)Redbull Racing
拡大します
中国GPではフェラーリ勢に割って入る3位入賞。
表彰台の一角を占める活躍でその存在感を示したレッドブル・レーシングのダニール・クビアト(21歳:ロシア)だが、それでも来シーズンの降格は必至のようだ。
これはグループ傘下のトロ・ロッソのドライバーであるマックス・フェルスタッペンとの契約に「2017年はレッドブル・レーシング昇格」を約束する条項があるとされるため。

フェルスタッペンは現在ランキング9位(13ポイント)とクビアトの7位(21ポイント)を下回っているが、それでも同グループのヘルムート・マルコ/レーシング・アドバイザーは契約通りフェルスタッペンの昇格を示唆しているもの。
降格するドライバーが契約に明記されている訳ではないが、今や完全にエースとなったダニエル・リカルドの残留は揺るがないとみられている。

クビアトはF1初年度の2014年シーズンをトロ・ロッソで過ごしている。

|

« ハンガリーGP、2026年までの長期契約が合意に | トップページ | イタリアGP(モンツァ)を巡る正反対の見解 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63519703

この記事へのトラックバック一覧です: クビアト(レッドブル)、3位表彰台も来季降格必至か:

« ハンガリーGP、2026年までの長期契約が合意に | トップページ | イタリアGP(モンツァ)を巡る正反対の見解 »