« フリー走行3回目、再びハミルトン(メルセデス)最速 | トップページ | 予選Q2、マクラーレン・ホンダ勢潰える »

2016/03/19

新方式の予選Q1、マクラーレン・ホンダ勢突破

いよいよ2016年開幕戦オーストラリアGPの公式予選がスタート。
既報のように予選方式が導入されている。
セッション開始時の気温は17度、路面温度は25度、路面はドライコンディションとなっている。
予選Q1は16分間で行われ、セッション開始7分後にその時点で最も遅い1台が除外。
以降、チェッカーフラッグまで1分30秒毎に1台ずつ、計7台が除外され、残った15台がQ2に進出することになる。

すべてスーパーソフトでのスタート、これまでとは違い最初から全車がタイムアタックに挑んだ。
最初に脱落となったのはウェーレイン(マノー)、続いてハリアント(マノー)、グティエレス(ハース)、グロージャン(ハース)、マシントラブルのクビアト(レッドブル)、ナスル(ザウバー)、そして最後はパーマー(ルノー)の逆転によりエリクソン(ザウバー)という7台になった。

|

« フリー走行3回目、再びハミルトン(メルセデス)最速 | トップページ | 予選Q2、マクラーレン・ホンダ勢潰える »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63366769

この記事へのトラックバック一覧です: 新方式の予選Q1、マクラーレン・ホンダ勢突破:

» F1オーストラリアGP(2016 R1) [UKYOのつぶやき]
F1開幕戦オーストラリアGP! [続きを読む]

受信: 2016/03/19 21:46

« フリー走行3回目、再びハミルトン(メルセデス)最速 | トップページ | 予選Q2、マクラーレン・ホンダ勢潰える »