« FIA、レース中の無線制限を緩和へ | トップページ | ミカ・ハッキネン氏、グランプリ数の増加に疑問符 »

2016/03/22

スタート時のバドル制限は成功

Australia GP (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズンきまたレーススタート時のバドル操作を一つのものだけに制限されたが、これがオーストラリアGPのスタートを迫力あるものにしたと高評価を得ている。
これはFIA(国際自動車連盟)が推し進めている「ドライバー・エイド制限」の一環で、スタート時の操作をよりヒョーマンライクに戻そうというものだ。

昨シーズンまでは、トラクションコントロールのような働きをするダブルパドル・クラッチシステムが使われていて、これがドライバーのスタンディングスタートを助けていたが、今シーズンはドライバーがスタートでクラッチを操作するパドルが1つた゜けに限定されたもの。

その結果、今回スタート時に大きな順位変動があり、FIAの狙いは的中したといえる。
しかしこれについてせっかくのポールスタートの優位を逸したハミルトン(メルセデス)は、「今はスタート時の改善がメルセデスAMGの喫緊の課題」と、自身のチームの大きな問題であることを吐露している。

|

« FIA、レース中の無線制限を緩和へ | トップページ | ミカ・ハッキネン氏、グランプリ数の増加に疑問符 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63379508

この記事へのトラックバック一覧です: スタート時のバドル制限は成功:

» F1オーストラリアGP(2016 R1) [UKYOのつぶやき]
F1開幕戦オーストラリアGP! [続きを読む]

受信: 2016/03/27 15:41

« FIA、レース中の無線制限を緩和へ | トップページ | ミカ・ハッキネン氏、グランプリ数の増加に疑問符 »