« イギリスでも2019年からF1は有料放送のみに | トップページ | 迷走する予選方式、ハイブリッドが有力か »

2016/03/25

ウィリアムズへのエンジン供給話をホンダが否定

Nigel Mansell/Williams Honda (C)Honda Racing
拡大します
再三の否定にも関わらず、また持ち上がっているのがホンダ製パワーユニットのカスタマー・チーム供給だ。
オーストラリアGP後に伝えられたのは2017年からウィリアムズ・チームに供給するというもの。
しかしオーストリアのモバイル・テレビ『ラオラ1』はこの噂を今年からホンダF1を率いる長谷川祐介/総責任者が直ちに否定したと報じた。

「われわれのエンジンに関心を持ってもらえるのは光栄なこと。
しかしまだそれに応えるだけのレベルに達しているとはわれわれ自身考えていない。
いまやるべきことはマクラーレン・チームとのパートナーシップを成功させることであって、第2のチームへの供給は早計に過ぎる」と、慎重姿勢を崩さない長谷川氏。

またメルセデスのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターもこの噂について「ウィリアムズ・チームとは2020年までの長期供給契約を結んでいる」と、断。
そして誰よりこの噂を否定するのはマクラーレンのボス、ロン・デニス/CEOだろう。

かつて1980年代にホンダと組んだウィリアムズ・チームは、ナイジェル・マンセルがタイトルを獲得するなど大成功を収めた過去がある。

|

« イギリスでも2019年からF1は有料放送のみに | トップページ | 迷走する予選方式、ハイブリッドが有力か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63392399

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズへのエンジン供給話をホンダが否定:

« イギリスでも2019年からF1は有料放送のみに | トップページ | 迷走する予選方式、ハイブリッドが有力か »