« F・インディア、「アストンマーティンの復帰は消滅」 | トップページ | 開幕直前、まだ物議を醸す「新予選方式」 »

2016/03/12

『ジョニー・ウォーカー』、結局マクラーレンに落ち着く

McLaren 『MP4-31』 (C)McLaren Group
拡大します
『ジョニー・ウォーカー』ブランドで知られるイギリスの酒造メーカー大手の『ディアジオ社』は、一時フォース・インディア・チームと組みアストンマーティンの名前でF1活動を計画していたとされるが、結局マクラーレン・チームという元の鞘に収まったことが明らかになった。

これについてマクラーレン・グループのロン・デニス//CEO(最高経営責任者)は、「われわれとジョニー・ウォーカーとはすでに10年以上に渡る信頼関係に基づいたパートナーシップを続けている。
これからも勝利という目的に向けて緊密な関係を築き上げていきたい」と、語っている。

ただその一方、チームが『モエ』ブランドで知られるフランスの著名なシャンパン製造会社である『シャンドン』と新たな契約を結んだことで、ディアジオ社の不興を買ったのは事実だろう。

|

« F・インディア、「アストンマーティンの復帰は消滅」 | トップページ | 開幕直前、まだ物議を醸す「新予選方式」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63333294

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジョニー・ウォーカー』、結局マクラーレンに落ち着く:

« F・インディア、「アストンマーティンの復帰は消滅」 | トップページ | 開幕直前、まだ物議を醸す「新予選方式」 »