« スタート時のバドル制限は成功 | トップページ | トロ・ロッソ・デュオ、新たな「確執」候補に »

2016/03/22

ミカ・ハッキネン氏、グランプリ数の増加に疑問符

Mika Hakkinen (C)Mercedes Motorsport
拡大します
元マクラーレン等のF1ドライバーであるミカ・ハッキネン氏(47歳:フィンランド)が、全21戦となった今年のF1カレンダーについてあらためて苦言を呈した。

これはドイツの日刊紙『ターゲスシュピーゲル』の取材に答えたもの。
その中でこの元2回のF1チャンピオンは、「年間21戦もあるということは、畢竟一つ一つの重要性が軽くなるということだ。
とりあえず目の前のレースを完走し、着実にポイントを重ねていく作戦が優先されるがそれはモーターレーシングの最高峰としてどうなのかな。
それぞれのレースでドライバーが攻撃的に勝利を争うということがなくなってしまうんだろう。
リスクを避けて可能なポイントを積み重ねていくレースなんて、決して観客は喜ばないのではないか」と、疑問を投げ掛けた。

実際、今回ポールスタートながら2位に留まったハミルトン(メルセデス)も「長いシーズンを考えればこれで十分」と述懐している。
ちなみにハッキネン氏がタイトルを獲得した当時のF1は年間16戦程度だった。

|

« スタート時のバドル制限は成功 | トップページ | トロ・ロッソ・デュオ、新たな「確執」候補に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63379586

この記事へのトラックバック一覧です: ミカ・ハッキネン氏、グランプリ数の増加に疑問符:

« スタート時のバドル制限は成功 | トップページ | トロ・ロッソ・デュオ、新たな「確執」候補に »