« 長谷川祐介(ホンダ)、「結果については残念」 | トップページ | グティエレス(ハース)にも事故のお咎めなし »

2016/03/21

ジーン・ハース代表、「入賞、アメリカの誇り」

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
F1新規参戦の初戦でいきなり6位入賞を果たしたハースF1チームでは、ジーン・ハース代表が感謝の意を表した。

「F1参戦の初戦で入賞できるなんて思っていなかった。
これはアメリカの誇り。
まさに『アメリカのF1が帰ってきた』と言える。
これまで尽力してくれたすべての関係者に感謝したい。
とりわけフェラーリ・チームの助けがなかったら、このリザルトを得ることはなかっただろう。
赤旗中断などわれわれにラッキーな展開もあったが、それもモーターレーシング。
グロージャンは新規参戦チームの初戦だからといって臆することなく、終始アグレッシブにこのレースを戦ってくれた。
大きな事故があったことだけが残念だが、今日は素晴らしいグランプリだった」

F1新規参戦の初レースでいきなり入賞したのは、2002年のトヨタ・チームに遡る。
この時のドライバーはミカ・サロだった。

|

« 長谷川祐介(ホンダ)、「結果については残念」 | トップページ | グティエレス(ハース)にも事故のお咎めなし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63374946

この記事へのトラックバック一覧です: ジーン・ハース代表、「入賞、アメリカの誇り」:

« 長谷川祐介(ホンダ)、「結果については残念」 | トップページ | グティエレス(ハース)にも事故のお咎めなし »