« トロ・ロッソ・デュオ、新たな「確執」候補に | トップページ | M.モズレー元FIA会長、過去の自身の安全対策を自讃 »

2016/03/23

ピレリタイヤ、「新予選方式廃止は拙速」

Pirelli F1 Staff (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今季開幕戦から導入された新方式による予選システムだが、各チームの不興を買って早くも次戦には去年までのものに戻すことが伝えられた。
しかしこれについて現在F1にタイヤを独占供給するピレリタイヤが待ったを掛けたという。

同陣営のポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは、「確かに想定できなかった部分はあるが、指摘を受けているのはQ3最後に走るクルマがいなくなってしまったことだろう。
しかしこれについてはこのQ3だけ元のシステムに戻せばいいこと。
Q1やQ2においては、今回メルセデスAMGのような強力チームですら早々にアグレッシブなタイヤ選択を強いられるなど予想できない大きな展開があったではないか。
これは十分に魅力的な成果だ。
したがってわれわれはQ3だけ変更すれば問題は解決すると確信する」と、述べた。

なお実際に予選ルールを元に戻すにはチームだけでなくピレリタイヤやププロモーター代表らの同意も必要となっている。

|

« トロ・ロッソ・デュオ、新たな「確執」候補に | トップページ | M.モズレー元FIA会長、過去の自身の安全対策を自讃 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63383640

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリタイヤ、「新予選方式廃止は拙速」:

« トロ・ロッソ・デュオ、新たな「確執」候補に | トップページ | M.モズレー元FIA会長、過去の自身の安全対策を自讃 »