« オーストラリアGPはロズベルグ(メルセデス)が優勝 | トップページ | 新予選方式、わずか1戦で振り出しに »

2016/03/20

大事故のアロンソ(マクラーレン)、「身体は無事だけど」

Fernando Alonso (C)Formula1.com
オーストラリアGP決勝レースで、グティエレス(ハース)のマシンをオーバーテイクする際に接触、大クラッシュを演じたマクラーレン・ホンダ・チームのフェルナンド・アロンソだが、幸い怪我もなく周囲が心配するほどダメージはなかった模様だ。

「身体のほうは大丈夫だよ。
でもマシンの損害具合から考えたら、ほんとうに幸運だったと言うしかないね。
安全性の確保についてずっと努力してくれたFIA(国際自動車連盟)に感謝するよ。
事故はレーシング・インシデント(出来事)以外の何物でもない。
グティエレスにも怪我がなくて良かった。
ただ、これで早くもエンジンを一基失っただろうから、それが僕にとってはショックだね」と、つとめて明るい表情をみせた。

|

« オーストラリアGPはロズベルグ(メルセデス)が優勝 | トップページ | 新予選方式、わずか1戦で振り出しに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63371757

この記事へのトラックバック一覧です: 大事故のアロンソ(マクラーレン)、「身体は無事だけど」:

« オーストラリアGPはロズベルグ(メルセデス)が優勝 | トップページ | 新予選方式、わずか1戦で振り出しに »