« ピレリ首脳、「すでに目標の半分スピードアップ」 | トップページ | イタリアGP(モンツァ)、継続開催に向け前進か »

2016/03/28

リカルド(レッドブル)、ルノー・エンジンの改善に『実感』

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
オフの間に昨年仕様から前進が図られたとするルノー・エンジンのパフォーマンスについては、レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表がすでに「いい仕事をした」と高い評価を与えているが、これを受け実際にコクピットでそのパワーを体験した同チームのダニエル・リカルドも次のように自身の感想を語っている。

「正直言って、シーズン前テストの段階では去年と変わらないかな、と思っていたんだ。
ところがルノーの連中が言っていたように、そこから開幕戦までにさらに進化をしたようだ。
メルボルンで実際に乗ってみて、それが実感として感じられたからね。
去年のシンガポール(2位)以来になる4位という好成績でフィニッシュした訳だけど、僕の母国グランプリだったからね、ほんとうれしかったよ」と、リカルド。

ただチームメイトであるクビアトのマシンがパワーユニットに関連する電気系トラブルによりレースをスタートできなかったのはリカルドにとっても気掛かりなことだろう。

|

« ピレリ首脳、「すでに目標の半分スピードアップ」 | トップページ | イタリアGP(モンツァ)、継続開催に向け前進か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63405746

この記事へのトラックバック一覧です: リカルド(レッドブル)、ルノー・エンジンの改善に『実感』:

« ピレリ首脳、「すでに目標の半分スピードアップ」 | トップページ | イタリアGP(モンツァ)、継続開催に向け前進か »