« FIA、開幕戦から新予選方式の導入へ | トップページ | アラン・プロスト氏、開幕から予選方式変更は拙速 »

2016/03/07

マクラーレン・ホンダ、開幕戦ではさらに進化

McLaren Honda 『MP4-31』 (C)McLaren Group
拡大します
昨年とは打って変わって「まともなシーズン前テスト」ができたマクラーレン・ホンダ・チームだが、2週間後の開幕戦オーストラリアGPではさらに進化したものになるとしている。
これは同チームのエリック・ブイユ代表が語ったもので、今回のテストには準備が間に合わなかったものがあるためという。

「シーズン前テストで多くの距離を走れたのは何よりの収穫だ。
これは信頼性の確保には欠かせないもの。
去年はトラブル続きでこうはいかなかったからね。
レースで戦うまでに必要な各部のシステムチェックは予定通りに確認することができたといっていい。
ただ残念ながらテストできなかったものもあるんだ。
製造スケジュールがタイトすぎて、今回のテストまでに間に合わなかったパーツがあるためだ。
逆にいえば、開幕戦ではさらに進化した形になるということだよ」

ただテストしてないものを実戦投入するというのは期待がある反面、不安要素でもある。

|

« FIA、開幕戦から新予選方式の導入へ | トップページ | アラン・プロスト氏、開幕から予選方式変更は拙速 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63310275

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン・ホンダ、開幕戦ではさらに進化:

« FIA、開幕戦から新予選方式の導入へ | トップページ | アラン・プロスト氏、開幕から予選方式変更は拙速 »