« M.モズレー元FIA会長、過去の自身の安全対策を自讃 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)のギヤ/エンジンは無事の報 »

2016/03/24

メルセデスとフェラーリ、次戦タイヤ選択分かれる

Pitstop Scene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ある意味、終盤のタイヤ選択によって勝敗が決したとも言える開幕戦オーストラリアGPだったが、来週の次戦バーレーンGPでは両者のタイヤ選択が異なることがわかった。

バーレーンにはオーストラリアGPと同じく、ミディアム(ホワイト)、ソフト(イエロー)、そしてスーパーソフト(レッド)の3種類がF1タイヤの独占サプライヤーであるピレリから用意されている。

そのピレリが明らかにしたところによれば、今回メルセデスAMG勢の選択は「ミディアム1セット、ソフト6セット、スーパーソフト6セット」。
一方、ライバルであるフェラーリ勢はの選択は、「ミディアム3セット、ソフト4セット、そしてスーパーソフト6セット」というものになったとのことだ。

ドライバー間で異なる選択をしたチームもあるが、上記の両チームの場合はチーム戦略として選択が異なったものとみられる。
果たしてどちらが正解になるのか、注目のバーレーンGPは4月1日(金)から3日(日)に掛けて行われる。

|

« M.モズレー元FIA会長、過去の自身の安全対策を自讃 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)のギヤ/エンジンは無事の報 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63387918

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスとフェラーリ、次戦タイヤ選択分かれる:

« M.モズレー元FIA会長、過去の自身の安全対策を自讃 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)のギヤ/エンジンは無事の報 »