« ルノー・チーム、『RS16』の正式カラーリング発表 | トップページ | ルノー首脳、「変わったのはカラーリングだけじゃない」 »

2016/03/17

ハミルトン(メルセデス)、交通違反で検挙の危機

 Image
開幕戦が行われるオーストラリアを前に、お隣のニュージーランドに滞在していたメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンが、交通違反により警察から検挙される状況だったことが伝えられた。

当地の警察によれば、ハミルトンは自身のツイッターにオートバイに乗っている「自撮り動画」を掲載。
しかしこの画面からバイクは低速ながら実走中、しかも携帯電話は固定されておらず右手で持ったままであると推察されたため、波紋を呼んでしまったとのことだ。
当然のことながらニュージーランドでも運転中に携帯電話を操作することは交通違反。
ただ今回の違反は軽微であるため、おそらくハミルトンへの処分は100ドル未満の罰金に留まる見込みという。

ちなみにハミルトンは2007年、フランス国内で市販車(メルセデス・ベンツCLK)を運転中、200キロ近いスピードを出して検挙(1か月の免停)を受けた過去がある。

|

« ルノー・チーム、『RS16』の正式カラーリング発表 | トップページ | ルノー首脳、「変わったのはカラーリングだけじゃない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63356574

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(メルセデス)、交通違反で検挙の危機:

« ルノー・チーム、『RS16』の正式カラーリング発表 | トップページ | ルノー首脳、「変わったのはカラーリングだけじゃない」 »