« 『ジョニー・ウォーカー』、結局マクラーレンに落ち着く | トップページ | マクラーレン首脳、「2018年以降もアロンソ継続」 »

2016/03/13

開幕直前、まだ物議を醸す「新予選方式」

Christian Horner (C)RedBull Racing
拡大します
これまでのものとはまったく異なり、一定時間に次々と最後尾のクルマが排除されるという新たな予選方式について、開幕まで1週間というこの時点においてもなお異論が伝えられている。

中でもレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表はイギリスの大衆紙『サン』に対し次のように語り、注目された。

「新しい予選方式には確かに興味深い魅力もある。
ハプニングの可能性もあって、まるで雨の時の予選のようになるかも知れないからね。
でも逆にそういうケースを望まないチームもあることだろう。
彼らが反対すれば、オーストラリアGPで導入できないことだって考えられるよ」と、懐疑的。

そう語るホーナー氏の脳裏には、予選で意外性を求めないメルセデスAMGやフェラーリら上位チームの存在があるようだ。

|

« 『ジョニー・ウォーカー』、結局マクラーレンに落ち着く | トップページ | マクラーレン首脳、「2018年以降もアロンソ継続」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63337654

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕直前、まだ物議を醸す「新予選方式」:

« 『ジョニー・ウォーカー』、結局マクラーレンに落ち着く | トップページ | マクラーレン首脳、「2018年以降もアロンソ継続」 »