« ザウバー・チームに資金難の噂 | トップページ | ウォルフ氏(メルセデス)、「無線制限で戦い方変わる」 »

2016/03/09

アロンソ(マクラーレン)、バクーのコースに好印象

Fernando Alonso (C)Baku City Circuit
拡大します
F1ドライバーの中で初めてアゼルバイジャンの首都バクーの市街地特設コースを視察したマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソ(34歳:スペイン)は、「とても印象的なコースだった」と、その感想を自身のサイトで明らかにした。

アゼルバイジャンでは今年ヨーロッパGPとして初めてのF1グランプリが開催されることが決まっていて、そのコースはバクーの旧市街地を巡るもので、F1サーキット・デザイナーのヘルマン・ティルケ氏(61歳:ドイツ)のアドバイスのもの設計されたとされる。

同グランプリの公式親善大使に指名されているアロンソは、「起伏やコーナーがチャレンジで、とてもエキサイティングなレイアウトになっている。
古い町並みの景観も素晴らしいし、間違いなく今年のグランプリで最高クラスになるものだ」と、太鼓判。

ヨーロッパGP(アゼルバイジャン)は6月19日(日)に今季第8戦として行われる。

|

« ザウバー・チームに資金難の噂 | トップページ | ウォルフ氏(メルセデス)、「無線制限で戦い方変わる」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63319114

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(マクラーレン)、バクーのコースに好印象:

« ザウバー・チームに資金難の噂 | トップページ | ウォルフ氏(メルセデス)、「無線制限で戦い方変わる」 »