« C.ホーナー代表(レッドブル)も新予選方式を糾弾 | トップページ | 大事故のアロンソ(マクラーレン)、「身体は無事だけど」 »

2016/03/20

オーストラリアGPはロズベルグ(メルセデス)が優勝

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
20日(日)午後4時(日本時間:午後2時)、スタートシグナルが2016年F1開幕戦オーストラリアGPの開始を告げた。
天候は晴れ、湿度41%で路面は完全なドライコンディション、スタート前の気温は23度、路面温度は37度、レース中に雨が降る可能性は10%以下と報告されている。
なおボタス(ウィリアムズ)は早くもギヤボックス交換により5番グリッド降格となっている。
また不評を買った新しい新予選方式はレース前のミーティングの結果、今回限りで廃止になったと伝えられた。

フォーメーションラップを終えたあと、クビアト(レッドブル)がマシントラブルでグリッド手前にストップ、スタートはやり直しとなった。
17周目、アロンソ(マクラーレン)がグティエレス(ハース)をオーバーテイクしようとして接触、共にクラッシュ。
宙を舞ったマクラーレンは原形を留めないほど大破、直ちにセーフティカーが導入、さらにデブリ(破片)回収等のためレースは赤旗中断とされた。
幸いドライバーはいずれも無事の模様だが、両者はレース後の審議対象とされた。

レース再開後の24周目、3位を走っていたライコネン(フェラーリ)がエンジントラブルで小火災を起こしながらリタイヤ。
終盤はタイヤの争いとなり、今季初体験のミディアムタイヤを活かしたメルセデスAMG勢が結局は1-2勝利。
ただし勝ったのは2番グリッドからスタートしたロズベルグのほうだった。
ロズベルグは昨年のメキシコからこれで4戦連続勝利、自身通算15勝目を記録した。

2位は7位からよく挽回したハミルトンでロズベルグとは8秒差だった。
3位は一時勝利を掌中にしたかとみられたベッテル(フェラーリ)で、赤旗中断に泣いた形となった。
4位は地元の熱い声援を受けたホームグランプリのリカルド(レッドブル)。
5位マッサ(ウィリアムズ)、6位はなんとこれが初レースになるハースF1のグロージャン。
同じくハースに移籍した小松礼雄エンジニアにとっても快挙となった。
7位ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、8位ボタス(ウィリアムズ)、9位サインツ(トロ・ロッソ)、そして10位がフェルスタッペン(トロ・ロッソ)でここまでが入賞。

以下、11位初レースで健闘したパーマー(ルノー)、12位マグヌッセン(ルノー)、13位ペレス(フォース・インディア)、14位バトン(マクラーレン)、15位ナスル(ザウバー)、16位ウェーレイン(マノー)でここまでが完走。
リタイヤはエリクソン(ザウバー)、ライコネン(フェラーリ)、ハリアント(マノー)、グティエレス(ハース)、アロンソ(マクラーレン)、そしてクビアト(レッドブル)の6台となった。

オーストラリアGP決勝レースの結果はこちら
オーストラリアGPの画像はこちら

|

« C.ホーナー代表(レッドブル)も新予選方式を糾弾 | トップページ | 大事故のアロンソ(マクラーレン)、「身体は無事だけど」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63371497

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアGPはロズベルグ(メルセデス)が優勝:

» F1 2016 開幕戦 オーストラリアGP 決勝 [VAIOちゃんのよもやまブログ]
予選やタイヤのルールが大きく変わった2016年のF1。開幕戦のメルボルンではメルセデスがルール変更をものともせずに予選でフロントローを独占しましたが・・・日中外出していたのでC ... [続きを読む]

受信: 2016/03/22 00:09

» F1オーストラリアGP(2016 R1) [UKYOのつぶやき]
F1開幕戦オーストラリアGP! [続きを読む]

受信: 2016/03/22 20:20

« C.ホーナー代表(レッドブル)も新予選方式を糾弾 | トップページ | 大事故のアロンソ(マクラーレン)、「身体は無事だけど」 »