« エプソン、豪GPで『スマートグラス』を導入 | トップページ | ピレリ首脳、「すでに目標の半分スピードアップ」 »

2016/03/27

ルノー、バーレーンGPで新型フロントウィング投入

Kevin Magnussen (C)Renault Sport
拡大します
今季再びワークス参戦となったルノー・チームでは、今週末行われるバーレーンGPに新型のフロントウィングを投入する方針を明らかにした。

それによればこれは先の開幕戦オーストラリアGPの金曜日フリー走行セッションで、同チームのマグヌッセンがテストしたものという。
ただこの時はダンプ状態があるなど路面コンディションに恵まれなかったため、今回が本格投入の第一歩ということになりそうだ。

これについて同チームのボブ・ベル/チーフ・テクニカル・オフィサーは「メルボルンでは十分なテスト時間がなかったが、それでも有望なデータが確認されていた。
今回はマグヌッセン&パーマー二人のマシン共この新型ウィングで臨む。
この他にもさらにパワーユニットを改善するなど多くの点で進化を図っているよ」と、自信をみせている。

|

« エプソン、豪GPで『スマートグラス』を導入 | トップページ | ピレリ首脳、「すでに目標の半分スピードアップ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63401002

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー、バーレーンGPで新型フロントウィング投入:

« エプソン、豪GPで『スマートグラス』を導入 | トップページ | ピレリ首脳、「すでに目標の半分スピードアップ」 »