« バトン(マクラーレン)、「事前に予想したよりいい」 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、3番手もレースには自信 »

2016/03/20

E.ブイユ代表(マクラーレン)、「新予選方式には不満」

Eric Boullier (C)McLaren Group
拡大します
今回のオーストラリアGP公式予選では初めて『椅子取りゲーム』と比喩される新予選方式が導入されたが、マクラーレン・チームのエリック・ブイユ代表には不満だったようだ。

「今回新しい予選方式が導入されたが、エキサイティングだったのは最初の数分だけ。
あとは走る方にも見る方にもただ退屈なだけの時間だった。
われわれはF1というスポーツを構成している身として、ファンにこんなつまらないショーを生み出してしまったことに謝らなければならないよ。

われわれのチームについて言えば、まあ12番手、13番手というのは特に取り立てて言うようなものではなかったね。
目標としていたQ3進出はならなかった訳だし。
ただQ2で終えたことにより明日の決勝レースではスタートタイヤが自由に選べるので戦略の幅は広がったと言える。
明日は観客のみなさんにも楽しんでもらえるよう、今日のことは忘れてみんなで盛り上げたい」

|

« バトン(マクラーレン)、「事前に予想したよりいい」 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、3番手もレースには自信 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63369874

この記事へのトラックバック一覧です: E.ブイユ代表(マクラーレン)、「新予選方式には不満」:

« バトン(マクラーレン)、「事前に予想したよりいい」 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、3番手もレースには自信 »