« FIA、「無線での『暗号メッセージ』許さない」 | トップページ | 新方式の予選Q1、マクラーレン・ホンダ勢突破 »

2016/03/19

フリー走行3回目、再びハミルトン(メルセデス)最速

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
19日(土)午後(現地時間:14時)、オーストラリアGPフリー走行3回目セッションが行われた。
セッション開始時の気温は19度、路面温度は26度、湿度は57%ながら昨日とは変わって完全なドライコンディション。
前日の分を取り戻すごとく、各チームとも積極的にコースに出た。
しかしセッション開始直後、ピットガレージから出たグロージャンのマシンと時を合わせて隣から出たハリアント(マノー)がピットロード上でぶつかるというハプニングが起きた。
グロージャンはこの後マシン修復のためガレージでの作業にセッションの前半を費やすことになった。

今回は各車精力的にタイムアタックが行われた結果、ここでもトップタイムを記録したのはハミルトン(メルセデス)でベストタイムは1'25.624というものだった。
2番手は0.176秒の差でチームメイトのロズベルグ(メルセデス)。
3番手ベッテル(フェラーリ)、4番手サインツ(トロ・ロッソ)、5番手ライコネン(フェラーリ)、6番手フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、7番手ボタス(ウィリアムズ)、8番手リカルド(レッドブル)、9番手マッサ(ウィリアムズ)、10番手ペレス(フォース・インディア)だった。
マクラーレン・ホンダはアロンソが11番手、バトンが12番手と、目標とされるトップ10入りに望みをみせた。

注目される2016年最初の公式予選はこの後現地時間の17時(日本時間:15時)から新方式で行われる。

オーストラリアGPの画像はこちら

|

« FIA、「無線での『暗号メッセージ』許さない」 | トップページ | 新方式の予選Q1、マクラーレン・ホンダ勢突破 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63366353

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行3回目、再びハミルトン(メルセデス)最速:

« FIA、「無線での『暗号メッセージ』許さない」 | トップページ | 新方式の予選Q1、マクラーレン・ホンダ勢突破 »