« ロン・デニス/CEO、「ファンドーネは来季ドライバー候補」 | トップページ | ルノー・チーム、『RS16』の正式カラーリング発表 »

2016/03/17

ピレリ、「タイヤ規定は2017年にまた見直し」も

Paul Hembery (C)Pirelli Motorsport
拡大します
ウルトラソフトタイヤの導入などスピードアップ、そしてF1レース自体の魅力増大を図るF1タイヤに関するレギュレーションだが、現在F1タイヤの単独サプライヤーであるピレリタイヤでは、2017年シーズンさらなる改革があることを明らかにした。

これは同陣営のポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは、英『BBCスポーツ』に対し次のように語ったもの。

「FIA(国際自動車連盟)とわれわれは1周あたりのラップタイム5秒短縮を目指している。
しかしながら、これまでの感触ではせいぜい3秒、いやそれすらも達成できないチームが出るだろうことが予想される。
そのためには、2017年シーズンさらなる大規模に渡った改革が施されることになるだろう。
われわれタイヤサプライヤーもそのための尽力を惜しまないつもりだ。
ただその場合、少なくとも11月末までには決定されなければならない」と、牽制も忘れなかった。

|

« ロン・デニス/CEO、「ファンドーネは来季ドライバー候補」 | トップページ | ルノー・チーム、『RS16』の正式カラーリング発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63356346

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、「タイヤ規定は2017年にまた見直し」も:

« ロン・デニス/CEO、「ファンドーネは来季ドライバー候補」 | トップページ | ルノー・チーム、『RS16』の正式カラーリング発表 »