« ルノー技術陣、「イルモアは過大評価されている」 | トップページ | ウェーレイン起用で実利を獲ったか、マノー »

2016/02/12

メルセデス王者の余裕、「P/U開発の余地残すべき」

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
2014年シーズンから大幅に変更されたF1パワーユニットに関わるレギュレーションだが、ここ2年続けてメルセデスAMGチームが王者に君臨、他の追随を許さない状況が続いている。
当然のことながら、他陣営からは「開発を制限する規則を改善すべき」との指摘が絶えない。

しかしこれについて当のメルセデス陣営のアンディ・カウエル/マネージング・ディレクターは、王者の余裕か「開発をもっと進める方向にいくのは大賛成」と、これを受け入れる姿勢をみせている。

「われわれはレギュレーションに従ってスポーツを戦っている訳で、それがどんなものであっても勝利に向けて全力を尽くす。
だからその規則が変更されるなら、それを受け入れるだけ。
自分たちが有利になるよう、開発に規制を加えようなど、考えたこともない。
F1では常に最高レベルの開発があるべきだよ」

メルセデスとそれ以外のパワーユニットとの差は依然相当大きいとみられている。

|

« ルノー技術陣、「イルモアは過大評価されている」 | トップページ | ウェーレイン起用で実利を獲ったか、マノー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63198155

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス王者の余裕、「P/U開発の余地残すべき」:

« ルノー技術陣、「イルモアは過大評価されている」 | トップページ | ウェーレイン起用で実利を獲ったか、マノー »