« ホンダ、合同テストに2016年仕様P/U投入を主張 | トップページ | 松下信治(マクラーレン・ホンダ)のコメント »

2016/02/22

バトン(マクラーレン)、司会業転向の噂認める

Top Gear/BBC
昨季限りでF1を引退することが濃厚と伝えられていたマクラーレン・チームのジェンソン・バトンが、実際に引退後の仕事について活動をスタートさせていたことを認めた。

これはイギリスの最も古いタブロイド紙である『デイリー・メール』が、「バトンは人気番組『トップギア』の司会者になることでBBC放送と合意していた」と報じていたもの。

これについてバトンは最近出演した番組の中でこれを認めた上で、「1年延びてしまったけれど今年はいつ頃になったらスケジュールがわかる?と聞かれている」と、冗談を飛ばしてかわした。

『トップギア』は1977年にスタートしたBBCの超長寿自動車情報番組で、市販車をイギリス軍のクルマと競争させるなどユニークな内容で高い人気を得ているという。

|

« ホンダ、合同テストに2016年仕様P/U投入を主張 | トップページ | 松下信治(マクラーレン・ホンダ)のコメント »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63242238

この記事へのトラックバック一覧です: バトン(マクラーレン)、司会業転向の噂認める:

« ホンダ、合同テストに2016年仕様P/U投入を主張 | トップページ | 松下信治(マクラーレン・ホンダ)のコメント »