« 伊紙、フェラーリ新型車のカラーリング報じる | トップページ | フォース・インディア、「Bスペックで前半勝負」 »

2016/02/15

メルセデス首脳、マノーの『Bチーム』化否定せず

Toto Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
F1レギュレーションが大きく変更されてからのここ2年、圧倒的な強さを見せ続けてきたメルセデス・モータースポーツだが、迫り来る他陣営の圧力も感じ取っているようだ。
これはメルセデスでエクゼクティブ・ディレクターを務めるトト・ウォルフ氏が、次のようにドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』に語ったもの。

「今シーズン、新規参戦を果たすハースF1チームについて、フェラーリはとてもうまくやったと思っているよ。
彼らはフェラーリ製のパワーユニットだけでなく、様々なコンポーネンツの供給も受けるし、戦略的なアドバイスも受け取ると聞いている。
そしてそのアプローチは本家フェラーリとはまた異なったもので、あるいはこれが大化けするかも知れないと警戒しているんだ。
そうなれば、フェラーリはとても賢い選択をしたことになる」

その一方でメルセデスから技術供与を受けることになったマノーF1について、「われわれとマノーとの関係はそれとは異なるものだ。
エンジン以外では同じ風洞設備を使うというだけで、それ以上の交流はない」と、注釈したものの、「2017年にはまた規則変更があるし、将来的には彼らとの関係が変化することもあり得るだろう」と、全面否定はしなかった。

|

« 伊紙、フェラーリ新型車のカラーリング報じる | トップページ | フォース・インディア、「Bスペックで前半勝負」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63213561

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス首脳、マノーの『Bチーム』化否定せず:

« 伊紙、フェラーリ新型車のカラーリング報じる | トップページ | フォース・インディア、「Bスペックで前半勝負」 »