« レッドブル首脳、「F1ドライバー報酬高すぎる」 | トップページ | フィアット会長、アルファロメオF1復帰なお諦めず »

2016/02/14

ハリアント、マノー最後のシート確保に懸命

Rio Haryanto (C)Campos Racing
拡大します
先にマノーF1チームがメルセデス・モータースポーツのパスカル・ウェーレイン(21歳:ドイツ)の起用を決めたことにより、2016年のF1レースシートはやはり同チームの一つが残るだけとなった。

その候補とされているのが、共に昨シーズン同チームから出走経験があるアレクサンダー・ロッシ(22歳:アメリカ)とウィル・スティーブンス(23歳:イギリス)、そしてインドネシアの新人リオ・ハリアント(22歳)ら3人。

この中でも有力とされたハリアントだったが、チームが要求するだけの金額を期日までに揃えられなかったとされる。
ハリアントを支援するのも母国の国営石油会社である『プルタミナ』で、ベネズエラのマルドナド(ルノー・チーム)同様、近年の原油価格低下で経営不振に陥ったと報じられている。

ハリアントは「支払が遅れているのは事実だけれど、チームもまだ待つと言ってくれている。
もうあと1週間で、なんとか目途を付けたい」と、悲願に向け必死の様子だ。

|

« レッドブル首脳、「F1ドライバー報酬高すぎる」 | トップページ | フィアット会長、アルファロメオF1復帰なお諦めず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63208059

この記事へのトラックバック一覧です: ハリアント、マノー最後のシート確保に懸命:

« レッドブル首脳、「F1ドライバー報酬高すぎる」 | トップページ | フィアット会長、アルファロメオF1復帰なお諦めず »