« 新規参戦ハースF1チーム、マシン準備は順調 | トップページ | ルノー技術陣、「イルモアは過大評価されている」 »

2016/02/11

マノー・チーム、パスカル・ウェーレインと契約

Pascal Wehrlein (C)Mercedes Motorsports
拡大します
まだ2016年のシートが決まっていない唯一のチーム、マノーF1は、2016年のレースドライバーとして前メルセデスAMGチームのテストドライバーであるパスカル・ウェーレイン(21歳:ドイツ)と契約したことを明らかにした。

昨年までフェラーリ・エンジンを搭載してきた同チームだが、今年からメルセデス製のパワーユニットにスイッチが決まっていて、早い時期からウェーレインの名前が上がっていた。
しかしマノー側が高額のシート料をメルセデスに要求したと報じられ、交渉は難航していたとされる。

ウェーレインはメルセデス・モータースポーツの育成ドライバーの一人で,2015年は同チームから参戦したDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)でみごと史上最年少でタイトルを獲得している。

なおこれでまだ確定していない2016年のレースシートはやはりマノーの一つだけになった。
候補にはアレクサンダー・ロッシやウィル・スティーブンスらの名前が浮上している。

|

« 新規参戦ハースF1チーム、マシン準備は順調 | トップページ | ルノー技術陣、「イルモアは過大評価されている」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63193557

この記事へのトラックバック一覧です: マノー・チーム、パスカル・ウェーレインと契約:

« 新規参戦ハースF1チーム、マシン準備は順調 | トップページ | ルノー技術陣、「イルモアは過大評価されている」 »