« アラン・プロスト氏、「今年も勢力図は予想通り」 | トップページ | 追試行った、トラブルのマクラーレン・ホンダ »

2016/02/29

マクラーレン首脳、「エンジン小型化指示してない」

McLaren 『MP4-31』 (C)McLaren Group
拡大します
昨シーズンからマクラーレン・チームをパートナーにF1復帰を果たしたホンダだが、苦戦する原因の一つに『サイズゼロ』と呼ばれるパワーユニットの超小型化があるのでは、と指摘されている。
しかしこれについて同チームのエリック・ブイユ代表は「マクラーレン側からホンダにそうしたことを指示した事実はない」と、噂に対し釈明した。

「マシン全体のエアロダイナミックスを考えれば、パワーユニットが占めるサイズは小さい方が良い。
それはどのチームにおいても事実だろう。
われわれだって同様だ。
コンパクトなパワーユニットを用意してくれればエアロダイナミックスのデザインに自由度が増すが、逆に大きなものであればそれなりに苦労を強いられるからね。
しかしそれはホンダ自身の考えに左右されるものであって、われわれがサイズゼロというコンセプトを彼らに指示したことはない」

関係者によれば、パワーユニットの無理な小型化はオーバーヒートなどの副作用をもたらすとされる。
もちろんホンダ側がこうした経緯について言及することはなく真実は不明だが、いずれにせよ今シーズン結果を出すことが最良の回答ということになるだろう。

|

« アラン・プロスト氏、「今年も勢力図は予想通り」 | トップページ | 追試行った、トラブルのマクラーレン・ホンダ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63278701

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン首脳、「エンジン小型化指示してない」:

« アラン・プロスト氏、「今年も勢力図は予想通り」 | トップページ | 追試行った、トラブルのマクラーレン・ホンダ »