« シリル・アビテブール氏(ルノー)、F1規則改革に言及 | トップページ | ザウバーの新型車、FIAクラッシュテスト合格 »

2016/02/09

ランス・ストロール、「フェラーリよりウィリアムズ現実的」

Lance Stroll (C)Ferrari S.p.A
拡大します
カナダの富豪として知られるローレンス・ストロール氏の子息で、FDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)の一員だったランス・ストロール(17歳:カナダ)が、ウィリアムズ・チームの開発ドライバーを務めることになった。

2010年、まだ11歳という若さでフェラーリのFDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)のメンバーに抜擢されたランス・ストロールだが、改定されたスーパーライセンス発給規定では満18歳になる2017年までF1ドライバーになる夢は延期を余儀なくされている。

先頃はザウバー・チーム入りの噂も流れたストロールだが、イタリアの専門誌『アウトスプリント』が報じるところによればより戦闘力の高いウィリアムズ・チームでのF1デビューを窺っているという。
いずれにせよ、天下の跳ね馬ドライバーよりは現実味がある計画だろう。

|

« シリル・アビテブール氏(ルノー)、F1規則改革に言及 | トップページ | ザウバーの新型車、FIAクラッシュテスト合格 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63185172

この記事へのトラックバック一覧です: ランス・ストロール、「フェラーリよりウィリアムズ現実的」:

« シリル・アビテブール氏(ルノー)、F1規則改革に言及 | トップページ | ザウバーの新型車、FIAクラッシュテスト合格 »