« S.ファンドーネ、国内スーパー・フォーミュラ参戦 | トップページ | シート喪失マルドナド、「たった数時間で人生変わった」 »

2016/02/13

エクレストン氏お手上げ、モンツァ再び暗礁

Monza/Bank Image (C)Williams F1
拡大します
財政問題から苦境に陥っていたモンツァ・サーキットでのF1イタリアGPは、その後新たな開催契約がほぼ合意に達したと伝えられたが、ここに来て再び暗礁に乗り上げたようだ。

これは英『ロイター』が報じたもの。
その中でFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表の言葉として、「モンツァがどうなるかはまったく不明、いかにもイタリアらしい状況じゃないか。
もう私にはどうすることもできない。
これを解決できるのはイタリアの当事者だけだ。
彼らが好きなだけ時間をかければいい」と、サジを投げているという。

1980年にただ一度だけイモラ・サーキットに譲ったことはあるが、それ以外は1950年から今まで伝統のイタリアGPの開催地としてモンツァ・サーキットは定着している。

|

« S.ファンドーネ、国内スーパー・フォーミュラ参戦 | トップページ | シート喪失マルドナド、「たった数時間で人生変わった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63202770

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏お手上げ、モンツァ再び暗礁:

« S.ファンドーネ、国内スーパー・フォーミュラ参戦 | トップページ | シート喪失マルドナド、「たった数時間で人生変わった」 »