« バルセロナ合同テスト1日目タイム(2/22) | トップページ | バトン(マクラーレン)、「マシンはとても好感触」 »

2016/02/23

ハースF1、思わぬトラブルでほろ苦デビュー

Haas 『VF-16』(C)Haas F1 Team
拡大します
22日(月)、初めてコース上にその姿を表した新規参戦『ハースF1チーム』のマシン『VF-16』だったが、新車にはありがちな(?)マシントラブルでほろ苦いデビューとなった。

この日記念すべき最初のステアリングを握ったのは前年までロータス・チームのドライバーだったロマン・グロージャン(29歳:フランス)。
しかし午前のセッションで、しかもピットストレートを走行中になんとフロントノーズが脱落するというハプニング。

しかしもはやベテランとなったグロージャンは、「ブランニューの新車を走らせた時には良くあることだよ。
そこから必要な部分を改修していけばいい。
われわれはのそのためにテストをしているんだからね」と、余裕の表情。
しかし万一このトラブルが高速走行中に起きたとしたら、大惨事になりかねない深刻なものだったとは言える。

|

« バルセロナ合同テスト1日目タイム(2/22) | トップページ | バトン(マクラーレン)、「マシンはとても好感触」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63251261

この記事へのトラックバック一覧です: ハースF1、思わぬトラブルでほろ苦デビュー:

« バルセロナ合同テスト1日目タイム(2/22) | トップページ | バトン(マクラーレン)、「マシンはとても好感触」 »