« フェラーリ、19日(金)に2016年新型車発表 | トップページ | ライコネン(フェラーリ)、新型車でシート合わせ »

2016/02/16

マノー、二つ目のレースシートは3人でシェアも

Rio Haryanto (C)Campos Racing
拡大します
2016年のF1も残るはマノーF1チーム二つ目のレースシートだけとなったが、引く手あまたとなったこの『プラチナシート』について、同チームは効果的な運用のアイデアを見出したようだ。

これはフィンランドの『イルタ・サノマット』紙が伝えたもの。
それによればマノーF1チームは、現在その有力候補とされるリオ・ハリアント(22歳:インドネシア)、アレクサンダー・ロッシ(22歳:アメリカ)、そしてウィル・スティーブンス(23歳:イギリス)の3人について、いずれも契約する方針という。
その種明かしは、この一つのシートを今シーズン3人でシェアするというものだ。

現在のF1規則では「1チーム最大4人のドライバーまで」認められていて、適切とは言えないもののレギュレーション上合法ではある。
今シーズン、マノーは目下最強とされるメルセデス製パワーユニットを搭載、技術的な面ではウィリアムズ・チームから支援を受けるとみられ、これまでの最下位から躍進する可能性もある。

|

« フェラーリ、19日(金)に2016年新型車発表 | トップページ | ライコネン(フェラーリ)、新型車でシート合わせ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63220536

この記事へのトラックバック一覧です: マノー、二つ目のレースシートは3人でシェアも:

« フェラーリ、19日(金)に2016年新型車発表 | トップページ | ライコネン(フェラーリ)、新型車でシート合わせ »