« マクラーレン・ホンダ、2016年新型車『MP4-31』を発表 | トップページ | バトン(マクラーレン)、司会業転向の噂認める »

2016/02/22

ホンダ、合同テストに2016年仕様P/U投入を主張

Powered by Honda (C)Honda Racing
拡大します
マクラーレン・チームとのパートナーシップが2年目を迎えるホンダだが、ヨーロッパの一部メディアが報じた2016年仕様パワーユニットのトラブルについて言及、その内容を否定した。

これはスペインのスポーツ紙『マルカ』が先に、新開発された新しいターボチャージャーについて「オーバーヒートの症状があり、22日(月)から始まるシーズン前最初のテストへの投入をホンダが断念した」と報じたもの。

これについてホンダ、マクラーレンいずれのスポークスマンも、「報道は事実でなく、テストには予定通り今季仕様のパワーユニットで参加する」と、明言している。

マクラーレン・ホンダはバルセロナ・サーキットでスタートするシーズン前最初のテスト初日、ジェンソン・バトンの手により今シーズンを戦う『MP4-31』の初走行が始められる予定。

|

« マクラーレン・ホンダ、2016年新型車『MP4-31』を発表 | トップページ | バトン(マクラーレン)、司会業転向の噂認める »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63242235

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ、合同テストに2016年仕様P/U投入を主張:

« マクラーレン・ホンダ、2016年新型車『MP4-31』を発表 | トップページ | バトン(マクラーレン)、司会業転向の噂認める »