« マグヌッセン、晴れてルノー正ドライバーに | トップページ | 小林可夢偉、トヨタからWEC(世界耐久選手権)フル参戦 »

2016/02/04

ルノー・チーム、2016年の参戦体制を発表

Renault Taem (C)Renault Sport
拡大します
2011年以来、5年ぶりのワークス参戦となる新生ルノー・チームが、3日(水)フランス・パリのテクノセンターでF1体制発表会を開催した。

それによれば正式チーム名は『ルノー・スポール・フォーミュラワン・チーム』。
マシン名はこれまでの命名を踏襲した『RS16』になるという。
また2016年のレースドライバーには既報のようにケビン・マグヌッセン(23歳:デンマーク)とジョリオン・パーマー(24歳:イギリス)の二人を起用。
またリザーブドライバーにはフランス期待の若手エステバン・オコン(18歳:フランス)が指名された。
なお旧ロータス・チームの大株主だったジェニイ・キャピタルは今後も小株主としてチームの運営に参画していくとのこと。

同グループを率いるカルロス・ゴーン/CEOは「モータースポーツの魅力は、今でも愛好者と一般ドライバーを引きつけて止まないものだ。
われわれはそうしたことを踏まえ、多岐にわたるモータースポーツ活動をひとつの形にした。
言うまでもなくその核となるのがF1になる。
われわれはこのF1で得られた最新技術を市販車に活かして行きたいと考えている」と、述べた。

ルノー『RS16』の画像はこちら

|

« マグヌッセン、晴れてルノー正ドライバーに | トップページ | 小林可夢偉、トヨタからWEC(世界耐久選手権)フル参戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63163018

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・チーム、2016年の参戦体制を発表:

« マグヌッセン、晴れてルノー正ドライバーに | トップページ | 小林可夢偉、トヨタからWEC(世界耐久選手権)フル参戦 »