« 苦境パストール・マルドナド、先行き見通せず | トップページ | エイドリアン・スーティル、ザウバー・チームを訴える »

2016/01/15

マクラーレン、VWから新ディレクター獲得

McLaren Technology Center (C)McLaren Group
拡大します
昨シーズンの大不振から今季は心機一転を図るマクラーレン・チームが、VW(フォルクスワーゲン)からディレクターを獲得したことがわかった。

新たに加入するのはVW(フォルクスワーゲン)でモータースポーツ・ディレクターを務めていたヨースト・カピート氏で、これまでWRC(世界ラリー選手権)チームを率いていた。
WRCでの実績は言うまでもないが、同氏はまたF1にも精通しているということで期待が掛かる。

カピト氏はこれまでジョナサン・ニール氏が担っていたマクラーレン・チーム/CEO(最高経営責任者)に就くということで、立場上エリック・ブイユ代表の上位となる。
またこれによりニール氏はマクラーレン・テクノロジーのCOO(最高執行責任者)に転身すると伝えられている。

|

« 苦境パストール・マルドナド、先行き見通せず | トップページ | エイドリアン・スーティル、ザウバー・チームを訴える »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63069552

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、VWから新ディレクター獲得:

« 苦境パストール・マルドナド、先行き見通せず | トップページ | エイドリアン・スーティル、ザウバー・チームを訴える »