« マグヌッセンに「スポンサー交渉のあてうま説」も | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、0勝でも最高年棒 »

2016/01/31

リオ・ハリアント、マノー・チームの有力候補に浮上

Rio Haryanto (C)Campos Racing
拡大します
まだ2016年ドライバー・ラインナップの決まっていないマノー・チームだが、インドネシア期待の若手ドライバーであるリオ・ハリアント(22歳)が同チームと交渉の最終段階にあることを示唆して注目されている。
インドネシアの日刊紙『ジャカルタ・ポスト』によれば、ハリアント自身が青年スポーツ省の記者会見でコメント、同チームとの交渉を認める発言をしたのだという。

2016年シーズンについては、ルノー・チームが一部不確実であるとみられる他はほぼすべてのレースシートが決定、いまだ未定とされるのはマノー・チームの二つだけであるとみられている。

同チームのレースドライバーとしてはすでにケビン・マグヌッセン(23歳:デンマーク)やウィル・スティーブンス(23歳:イギリス)、さらにアレクサンダー・ロッシ(22歳:アメリカ)やパスカル・ウェーレイン(21歳:ドイツ)など数多くのドライバーが候補にひしめいているとされる。

ただ同選手についても有力な支援者は母国の国営石油会社である『プルタミナ』で、ベネズエラのマルドナド(ルノー・チーム)同様、近年の原油価格低下で不振、予断を許さない状況のようだ。

|

« マグヌッセンに「スポンサー交渉のあてうま説」も | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、0勝でも最高年棒 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63144716

この記事へのトラックバック一覧です: リオ・ハリアント、マノー・チームの有力候補に浮上:

« マグヌッセンに「スポンサー交渉のあてうま説」も | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、0勝でも最高年棒 »