« イタリアGPもまだ開催にトラブルか | トップページ | ピレリ、秘かにF1タイヤ構造を変更か »

2016/01/24

レース中の燃料給油は再び廃案に

Pitstop (C)Williams F1
拡大します
またぞろ持ち上がった決勝レース中の燃料給油案だったが、噂されていた2017年シーズンからの復活は結局廃案となったようだ。

これはFIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長が主唱していたもので、これによりF1のスペクタクルな魅力を取り戻そうというものだったが、コスト増や人員負担等チーム側からの反発をかわすことはできなかったようだ。

とりわけ年間わずか5万ユーロ(約640万円)に収まると説明しているコスト増について、パット・シモンズ氏(ウィリアムズ・チーム)は「そんなもので収まる訳がない。
トッド会長は金額を一桁間違えているんだろう」と、にべもない。
またレース中の燃料給油を放映することは、環境への配慮をみせようとするF1の姿勢にイメージが反するとの意見も強いようだ。

|

« イタリアGPもまだ開催にトラブルか | トップページ | ピレリ、秘かにF1タイヤ構造を変更か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63111061

この記事へのトラックバック一覧です: レース中の燃料給油は再び廃案に:

« イタリアGPもまだ開催にトラブルか | トップページ | ピレリ、秘かにF1タイヤ構造を変更か »