« マクラーレン、VWから新ディレクター獲得 | トップページ | ピレリ、「2017年には5秒短縮できる »

2016/01/15

エイドリアン・スーティル、ザウバー・チームを訴える

Adrian Sutil (C)Sauber Motorsport
拡大します
2007年、当時のスパイカーF1からF1デビュー、その後フォース・インディアを経て2014年シーズンはザウバー・チームから参戦を果たしたエイドリアン・スーティル(33歳:ドイツ)だが、このほど同チームを相手に契約違反を盾に訴訟を起こしたことがわかった。

これを伝えたのはスイスの『ノイエ・ツュールヒャー・ツァイトゥング』紙。
それによればスーティルはザウバー・チームと2015年シーズンのドライバー契約を結んでいたというもの。
それが果たされなかったことでスーティルは同チームに総額350万ドル(約4億1300万円)の賠償を求めているという。
一方チームの側はスーティルが約束していたスポンサー資金の持ち込み(約46億円とも)が成されなかったことや同選手がチーム批判を行ったことが問題と指摘しているとのことだ。

ただ同チームは以前ギド・ヴァン・デル・ガルデとも同様の訴訟問題を起こされていて、首脳陣の管理体制の脇の甘さを指摘されても仕方ないようだ。

|

« マクラーレン、VWから新ディレクター獲得 | トップページ | ピレリ、「2017年には5秒短縮できる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63069690

この記事へのトラックバック一覧です: エイドリアン・スーティル、ザウバー・チームを訴える:

« マクラーレン、VWから新ディレクター獲得 | トップページ | ピレリ、「2017年には5秒短縮できる »