« ヨーロッパGP(アゼルバイジャン)、早くも開催危機 | トップページ | レース中の燃料給油は再び廃案に »

2016/01/24

イタリアGPもまだ開催にトラブルか

Ferrari Monza Demo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
F1ではヨーロッパGPに開催危機が叫ばれているが、すでに問題解決とみられたイタリアGP(モンツァ・サーキット)にも再び開催についてのトラブルが伝えられている。

イタリアの専門誌『アウトスプリント』が報じるところによれば、肝心のFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)との開催権料についてまだバーニー・エクレストン氏との間で合意に至ってないというもの。
伝えられるところでは両者の間の相違額はまだ800万ドル(約9億5千万円)にも達するということで、関係者は頭を痛めているということだ。

1980年にただ一度だけイモラ・サーキットに譲ったことはあるが、それ以外は1950年から今までイタリアGPの開催地としてモンツァ・サーキットは定着している。

|

« ヨーロッパGP(アゼルバイジャン)、早くも開催危機 | トップページ | レース中の燃料給油は再び廃案に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63111032

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアGPもまだ開催にトラブルか:

« ヨーロッパGP(アゼルバイジャン)、早くも開催危機 | トップページ | レース中の燃料給油は再び廃案に »