« 「開幕戦から勝利は当然」とフェラーリ会長 | トップページ | シューマッハ・ジュニア、悩む今季の「進路」 »

2016/01/07

アロンソ(マクラーレン)、F1カレンダー拡大を容認

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
2016年、F1カレンダーは史上最多となる全21戦の多きを迎えるが、関係者のほとんどが難色を示す中、マクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソ(34歳:スペイン)はこれを容認する考えをみせている。

「僕がF1にデビューした当時(2001年)、F1は全部で17戦だったよ。
わずか16戦という年もあったね。
でもいまや21戦。
確かに数も多いけれど、ヨーロッパでのグランプリが減って、アジアやアメリカ大陸など遠くのイベントが増えたので移動が大変になったのが事実だ。
関係者はみんなこの大旅行にウンザリしていると思うけれど、でもF1の魅力を世界に拡げるということから考えれば別に苦にはならないよ。
各地それぞれにそこの魅力がある。
少なくとも僕は、そう受け止めているんだ」と、優等生のアロンソ。

FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表は、さらに拡大しようとしているようだ。

|

« 「開幕戦から勝利は当然」とフェラーリ会長 | トップページ | シューマッハ・ジュニア、悩む今季の「進路」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/63018738

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(マクラーレン)、F1カレンダー拡大を容認:

« 「開幕戦から勝利は当然」とフェラーリ会長 | トップページ | シューマッハ・ジュニア、悩む今季の「進路」 »